<   2011年 07月 ( 35 )   > この月の画像一覧

「世界が認めたスイーツ」

「コラーゲン温泉プリン」
e0209208_23595532.jpge0209208_002718.jpg
e0209208_15423271.jpg
別府市北浜の「ホテル三泉閣」が製造、販売している「コラーゲン温泉プリンプルプル♪プルリンちゃん」はフグの皮から採ったコラーゲンにクリームチーズを加え、温泉熱で蒸した新食感のプリン。マスコミにも取り上げられ人気上昇中のプリンです。先日友人と食べに行きました!なめらかで、もっちりした食感は濃厚!デリシャス!
食品コンクール「モンドセレクション2011」に初の挑戦で見事「最高金賞」に輝き、世界にも認められたプリンです038.gif
「プルプル♪プルリンちゃん」は美味しいだけでなく、コラーゲンが豊富に含まれています。ネーミングもパッケージも可愛いでしょう?016.gifぜひお試しを♡

モンドセレクションとは:1961年の創設以来、モンドセレクションは消費生活製品を評価し、品質に応じ銅、銀、金および最高金賞と言った優秀品質賞をそれらの商品に授与することをミッションとしています。これら優秀品質賞は、完全に独立した専門家によって評価され、その高品質を表彰するラベルであり、消費者ならび生産者にとって様々なメリットのある賞と認識されております。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-13 06:55 | 満足 満腹シリーズ

大会参加者7月11日現在

863名→914名→950名→965名
e0209208_9341393.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-12 09:34 | 全通研大分集会シリーズ

第40回宮城県大会 2007年

2007年は宮城県での開催となり集会メインテーマは
          「今 ここに結集した力 ひびけ 日本の隅々へ」

 障害者権利条約の採択や世界手話通訳者協会の結成を機に、手話で生きる権利の大切さを確認した集会となった。

国連総会で「障害者権利条約」を採択   〜「手話=言語」〜
「手話は言語である」と定義した「障害者権利条約」が12月13日の国連総会において全会一致で採択されました。
手話が言語として国際的に認知されたのです。
(2006年12月13日)
 
【2007年の大分県】
★ 大分市盲ろう者向け通訳・介助員養成講座開始(県協会受託)【受講者21名】
★ コミュニケーション支援事業 手話通訳派遣 16/18市町村
                    要約筆記派遣  7/18市町村
★ 国東市手話サークル「菜の花」発足 
★ 聴覚障害者パソコンインストラクター養成講座 【受講生6名】
県障害福祉課がNPO法人障害者UP大分プロジェクトに委託実施
★ 大分県の特別支援教育の方向(素案)に関して大分県特別支援教育推進検討委員会へ協会から要望書提出、意見交換
               【仙台城】  
e0209208_1039144.jpg
  
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-11 08:05 | 今までの全通研大会

速報号外

e0209208_705210.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-10 07:02 | 全通研大分集会シリーズ

賛助会員制度

 昭和61年から開始された制度で手話学習者に協会の行事や考え方を機関誌を通じて知ってもらe0209208_14472330.jpg
うことと財政的な支援を目的としていました。

 開始の直接のきっかけは九州内の他県の協会が健聴者対象に後援会組織みたいな制度を実施していることを機関誌で見たことでした。
 早速大分でも同じようなことができないものかと協会に提案して、実施することになりました。
 年間会費一口3000円、何口でも入れます。毎月一回機関誌が自宅に届くことや自主制作ビデオを借りることができるということで呼びかけましたが、最初の1年間は30人程度だったように思います。

 2年目からは組織的にサークルへ依頼、個別に依頼という方法で賛助会員の拡大を進めていきました。この頃になると認定手話通訳者や手話講習会講師は入会する者が増え、彼らがサークルの中で賛助会員の加入促進に協力してくれました。
 現実的には認定手話通訳者、手話講習会講師は当然に入会するものという雰囲気づくり、次には手話サークル役員も入会するという雰囲気ができあがりました。当時は認定手話通訳者、講師、サークル役員と協会の関係はかなり密接であったように感じます。

 協会が一定の方向を示して協力を求めれば全面的な協力体制で対応してくれていたように感じます。彼らが県下各地で中心となってサークル会員の加入を進めてくれたと思います。
 多い時は700人の賛助会員もいましたが手話サークル会員の減少等により、現在は450人程度になっています。

 賛助会員制度は機関誌の印刷代や諸経費を差し引くと大きな収益にはつながりませんが、地用各障害者協会の活動方向や地区の行事等を手話学習者が毎月機関誌を通じて情報を聴覚障害者と共有することの意義は大きいと考えています。
 
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-09 12:17 | 運動と協会事業

第31回宮崎県大会 1998年

1998年に宮崎県で開催。
 集会メインテーマは「語ろう 熱き思い 深めよう 手話の世界」

 明るいくらし促進事業「手話奉仕員及び手話通訳者養成カリキュラム」が作成、都道府県、指定都市に通知される。
 大不況の中での全通研集会が日本の南端宮崎で開催、1700人以上が結集・全通研集会の思いが
感じられた大会。

 差別法令改正をめざす署名運動が開始された年である。

【1998年の大分県】
★新年文化講演会・祝賀会において「手話サークル機関紙コンテスト」開始 ※応募数9サークル
★センター主催「将棋・オセロ」大会開催
★大分東明高校商業介護福祉コース「手話」授業開始
★大分高校普通科福祉コース「手話」授業開始
★県立野津高校福祉課「手話」授業開始      
★第1回大分県聴覚障害児教育研修会開催
★手話奉仕員バッヂ作成 ※初級・中級修了者用
★小中学生手話指導担当者研修会開催 【参加者22名】
★映画「どんぐりの家」上映会 《大分市文化会館》【参加者750名】
★手話サークル「もみじ」設立
★手話サークル「きつき」昼の部設立  
★要約筆記奉仕員と手話奉仕員との意見交換会の開催
★法人主催手話サークルリーダー研修会開催 【参加者27名】
★法人主催ブロック別登録手話奉仕員研修会開催
★県内一斉福祉キャラバン実施 
 ※キャラバン隊が県内58市町村へ直接出向いて要望書提出
 ①手話講習会の開催 
 ②手話奉仕員派遣事業の実施 
 ③要約筆記奉仕員養成事業の実施 
 ④手話通訳者設置 
 ⑤聴覚障害者向け福祉機器の活用
 ●上記①~⑤を各市町村に応じ要望書提出。
   関係市町村へ地区協会長同行。
★県内一斉バリアフリー推進事業
※県協会の10支部が手話サークルと協力して病院、郵便局、スーパー等、
 約650の事業所を訪問し、聴覚障害者への配慮等を要望書提出
★県聴覚障害者協会、全国手話通訳問題研究会大分支部、大分県手話サークル連絡協議会の3団体会議開始
★当法人機関紙「豊の国聴障ニュース」大分合同新聞機関紙コンクールにおいて最優秀賞受賞
★大分市要約筆記奉仕員派遣事業開始(県協会受託)
★第1回センター祭開催
★全国ろうあ者体育大会開催 
★手話通訳指導者養成事業 中級コース開催 ※全日本ろうあ連盟主催
★ろう学校の聴覚障害生徒と普通校に通う聴覚障害生徒との懇談会 《湯布院》
★携帯電話20台をフジカラープラザより寄贈される
                    【日向 飫肥城】 
e0209208_10182930.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-08 06:45 | 今までの全通研大会

参加者拡大

950名参加!   

863名→914名→950名
 
 1000人までまだまだです。参加者拡大にご協力ください。

第1講座A46名 ※恐れ入りますが定員になりましたので募集を締め切らさせていただきます
第1講座B46名 ※恐れ入りますが定員になりましたので募集を締め切らさせていただきます
第2講座184名
第3講座130名
第4講座138名
第5講座241名
第6講座115名

交流会290名
子ども企画27名
e0209208_1223712.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-07 12:14 | 全通研大分集会シリーズ

第28回 香川県大会 1995年

 1995年に四国ブロック全体で取り組んだ集会であり、阪神・淡路大震災が起きた年であり、阪神・淡路大震災における取組みを報告、今後の災害時の対応について提言された集会でした。
 1且17日午前5時46分に阪神・淡路大震災が発生しました。全にほんろうあ連盟は直ちに全国救援対策本部を設置。救援事務については全国手話通訳問題研究会本部を手話通訳者派遣を手話通訳者の派遣を担当する手話通訳支援対策室として対応してきました。
 支援のために現地入りした手話通訳者はのべ1217人でした。
 
 集会参加者は約1500人
 衆議院比例区の政見放送に手話通訳が導入されました。これは選挙管理委員会が手話通訳を付けるのではなく、政党側の自主的判断でした。

【1995年の大分県】
★手話サークル「おがた」設立 (緒方町)
★阪神淡路大震災被災地に手話通訳士派遣。
★手話講習会講師研修会開催
★聴覚障害者情報提供施設建設に関する陳情書を県知事に提出
★県聴覚障害者協会杵築支部設立
★第15回全国ろうあ者演劇祭典にろう者劇団「ピエロ」出演
★第22回大分県手話研修会開催 240名の参加者
                    【高松城】 
e0209208_9535083.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-07 10:07 | 全通研大分集会シリーズ

参加者増加!

914名参加!  

863名→914名

  1000人までまだまだです。参加者拡大にご協力ください。

第1講座A42 ※恐れ入りますが定員になりましたので募集を締め切らさせていただきます
第1講座B39 ※恐れ入りますが定員になりましたので募集を締め切らさせていただきます
第2講座175
第3講座126
第4講座135
第5講座236
第6講座112

交流会284
子ども企画25 
e0209208_658057.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-06 06:50 | 全通研大分集会シリーズ

企画部より

APU(立命館アジア太平洋大学)に 下見に行ってきました。
ここでは、2日目3日目の研修講座と 閉会集会が行われます。
e0209208_16445670.jpg
「景色が素晴らしい所と聞いていましたが、現地に着いた時は生憎霧に覆われ残念。
と思ってましたが、打ち合わせが終わり外に出てみると!!丁度、霧が消え去っていく景色!! こんな風景に出会うことができ、感謝感謝でした。」

e0209208_1656530.jpg
「道中と、大学からの眺望に感激! たくさんの外国の学生と多国語が飛び交っているキャンパスを歩き、
まさしくAPUだぁ~っ!」     企画部担当のコメントでした。

e0209208_16564096.jpg

みなさん、この素晴らしいAPUにぜひいらしてくださいね。
          お待ちしています003.gif
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-05 17:04 | 全通研大分集会シリーズ