<   2011年 06月 ( 37 )   > この月の画像一覧

ろばた  仁

ろばた 仁

カウンターにはその日に水揚げされた魚介類が並び、山香牛や関アジ・サバ、日出町の豚など、大分県産にこだわっている。刺身や焼き物、揚げ物といずれも旬な食材なので、新鮮な歯応え、舌触りを楽しめる。1階のカウンター、テーブルの他に2、3階に座敷があるので、グループ、団体でも楽しめる。

所在地・営業時間
住所:〒874-0920 大分県別府市北浜1丁目15-7
電話:(0977) 21-1768 FAX:(0977) 21-3003
営業時間:午後5:00~深夜24:00
席数:カウンター8席、テーブル18席、個室(小)2室、
       座敷20席、個室(大)1室
店休日:12月31日~1月3日(臨時休業は別途お知らせします)
駐車場:近隣にコインパークあり(詳しくはお問い合わせを)
その他:車椅子可、トイレ設備もあり
e0209208_15433095.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-05 00:27 | 満足 満腹シリーズ

委託事業の経過

 大分県聴覚障害者協会の事業を随時紹介させていただきます。大分の運動の経過と背景をご理解ください。
 昭和40年代は市町村等からの委託事業や自主事業はほとんどなく、県からの委託事業中心でした。
その事業形態の基本は平成8年の聴覚障害者センター設立まで同様でした。センター設立後は教育機関や市町村行政への要望活動を開始し、徐々に県からの委託事業プラス市町村等からの委託事業へと事業が拡大していきました。

 これはやはり聴覚障害者センターが完成し職員5名体制になり、様々な分野に取り組める体制の基礎ができたことと協会活動の拠点ができ、多くの力が結集できるようになったことが大きいと言えます。


1 昭和46年度~平成8年度までは県からの委託事業中心

昭和46年度  ①聴覚障害者相談員設置事業
          ②手話奉仕員養成事業
昭和47年度  ③ろう者日曜教室開催事業(現生活訓練事業)
          ④手話奉仕員派遣事業
昭和62年度  ⑤登録手話奉仕員研修事業
平成 元年度  ⑥字幕入りビデオライブラリー事業
          ⑦要約筆記奉仕員養成事業
平成 2年度  ⑧手話通訳士養成事業
平成 3年度  ⑨文字放送受信装置設置助成事業 ~6年度迄
平成 8年度  ⑩県聴覚障害者センター運営事業
          ⑪ことばの訓練事業費

2 平成8年度以降は下記の①~④について重点的な取り組みを行った。

       ①教育機関との「手話指導者派遣事業」契約への取り組み
       ②「手話奉仕員・通訳者派遣事業」委託契約への取り組み
       ③手話奉仕員養成事業委託契約締結(H8年度以前も市町村手話講習会の指導に講師       派遣している)
       ④①~③以外の事業の取り組み       
             ↓
         具体的取り組み
①県内の高校、短大、専門学校、大学に対して毎年「手話」授業の開催を呼び掛けてきた。
②「手話奉仕員・通訳者派遣事業」を実施していない市に対してA)毎年要望書提出
B)直接出向いて要望 C)議会への請願等の取り組みを行ってきた。
③「手話講習会開催案内」の冊子を作成して、毎年市町村福祉主管課・社会福祉協議会・教育委員会・公民館(約200ヶ所)に送付してきた。
④聴覚障害者相談事業や手話通訳者派遣事業を通じて把握した諸問題を解決するための「事業」を
行政に企画提案したりして、事業化したもの等。
e0209208_1038471.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-04 06:55 | 運動と協会事業

協会の歩み①創立期 東九州聾唖親交会

 東九州聾唖親交会(昭和17年~昭和25年)

e0209208_1517191.jpg
 社会福祉法人大分県聴覚障害者協会の創立は昭和17年の「東九州聾唖親交会」から開始している。当時の組織は聾学校の同窓生20名が会員となり、土屋準一氏が会長であった。

 その後太平洋戦争の激化に伴い、協会活動を休止していたが昭和21年に「大分県聾唖協会」として活動を再開している。当時は宮崎県延岡地区のろうあ者が大分県聾唖協会の支部として活動していた経過がある。
 翌年の昭和22年には全日本ろうあ連盟が創立しており、全九州ろうあ連盟(現九州聴覚障害者団体連合会)の結成準備会が昭和22年に福岡県立聾学校で開催され、大分県からは土屋準一・佐藤一男両氏が出席した。翌年の昭和23年4月に全九州ろうあ連盟が設立されている。        
 昭和23年には盲聾学校が義務化され大分県立聾学校が設立された。また同年、県ろうあ協会大分支部が設立され、昭和24年には別府支部が設立された。
    
 この年、昭和24年には第2回全九州ろうあ者大会が大分市で開催されている。当時の会員は少数ながらもろうあ会館建設の計画を立て一般市民に対する募金活動を行い29,555円が集まった。また、ヘレンケラー募金より20,000円が配分され、ろうあ会館建設運動にはずみがついた。
e0209208_121653.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-03 06:43 | 運動と協会事業

アフリカンサファリお友達

こんにちは。
私は、アフリカンサファリのカンガルー、名前はあずさです。
8月に全通研大会に参加されるチビッ子たちに会えるのを楽しみに待っています016.gif
私たちカンガルー以外にもたくさんの仲間がいますので、楽しんでくださいね。
e0209208_12411328.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-02 12:42 | その他

第1回福島県 1968年

全通研のあゆみを振り返ってみると1968年に開催された第1回全通研大会は福島県です。
東日本大地震により被災地となった福島県で開催されており、第17回全国ろうあ者大会の中で
初めて開催されました。

当時の主な出来事は「盛岡運転免許裁判の第1回公判」が行われています。
盛岡運転免許裁判とは1967年、盛岡市で、聴覚障害者の男性が、無免許運転で起訴された。
当時は、運転免許試験で補聴器使用が認められておらず、男性は免許を取得することができなかった。

しかし、「運転しなければ仕事にならない」と無免許運転を繰り返していたのだ。裁判では、ろう弁護士が「運転免許取得は、働くろう者の切実な願い」と主張。また、全国でろう者団体が「ろう者にも運転免許を」と訴える署名活動を展開した。裁判は、1974年、最高裁で、男性の敗訴が確定。
しかし、その前年の1973年、警察庁は「補聴器の使用を認める」通達を出したのである。
◇聴覚障害者と運転ん免許→コチラ
第1回集会~第7回集会までは「全国手話通訳者会議」の名称で開催された。
 福島大会参加者71名

【1968年の大分県】大分県聴覚障害者協会のあゆみ→コチラ                               ★現在では500名近くの参加者がある新年会には当時の参加者58名です。
★第5回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会が津久見市で開催されています。
★県ろうあ協会定期総会が開催され青年部と理容部を新設 《ろう学校》【参加者140名】
★神奈川県で開催された全国ろうあ者大会に卓球女子チームが初優勝しています。
★ろう学校で慰安運動会を開催。参加者は現在よりも多い130名。「慰安」運動会との名称。
                   【会津若松城】
e0209208_1115759.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-02 01:28 | 今までの全通研大会

ゆずごしょう

e0209208_19591736.jpg

ゆずごしょうとは・・・
「柚子風味の唐辛子ペーストで、唐辛子を粗刻みにし、ユズの果皮と塩を入れて磨り潰し、軽く熟成させたものである。九州では一般的な調味料として知られている」(Wikipediaより)

このパッケージ以外にも、多数のメーカーから発売されています。

我が家では鍋の季節は欠かせませんし、刺身、煮物、ギョウザ、サラダなどなど・・・
使い始めるとクセになる辛さとうまさです。

瓶入りでだいたい1本400~800円くらい。
大分のデパート、道の駅、高速道路サービスエリア等で販売しています。

未体験の方(辛いものが大丈夫でしたら)ぜひ一度お試しを!
e0209208_19592999.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-01 20:09 | 大分の名産シリーズ

別府の夜景~十文字原~

別府湾を見下ろす十文字原高原にある十文字原展望台は、大分県内では最も有名なパノラマ夜景スポットです。
十文字原展望台周辺の一帯は海抜500mの広々とした草原なので、開放感があり、別府市街地をはじめ、大分市、日出町、国東半島、遠くは四国までパノラマで一望することができます。

満月の時は、暗闇の別府湾を照らし何とも幻想的です。そして別府市の夜景に大分自動車の夜景、さらにはアジア立命館大学のオレンジ色の光が合わさって、いつまで見ていても飽きのこない夜景といえます。

 ちなみに、夏期はこの夜景をみながら喫茶できるカフェが22時まで営業しています。スヌーピーなどのぬいぐるみがおいてあるロマンチックなカフェですよ。
e0209208_18455512.jpg

e0209208_1845893.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-01 00:00 | 大分の名所シリーズ