<   2011年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

子ども企画のご案内

e0209208_0375930.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-05 00:38

大分トリニータ

e0209208_23131534.jpg
4日は、大銀ドームでのホーム戦!
第10節 vs 徳島ヴォルティス

2-1で徳島リードのまま後半45分も過ぎ、残るはロスタイム4分(+_+)
あと数秒で終わり。もう駄目だ~!と思ったそのとき
ゴ~ル\(^o^)/ 2-2で、勝ち点1をもぎ取りました(^◇^)

今年のトリニータのテーマは『SORYOKU戦 総力×走力』

全通研大分大会も、大分のSORYOKU戦でがんばろう☆彡
e0209208_23134658.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-05 00:01 | 大分のスポーツ

あけぼの学園

ろう者と話をしていて必ずと言っていいほど登場するのが
ろうあ児施設の”あけぼの学園”
戦後の物のない時代に、豚を育てて売ったお金でテレビを買ったとか、
先輩からお菓子をとられたとか、
あけぼの学園での生活は、良い思い出、つらい思い出がつまった
特別な場所のようです。

昭和25年10月に児童福祉法によるろうあ児施設として認可。
このときは、”あけぼの寮”と言ってました。
昭和30年には、定員230名になり、
昭和44年に”あけぼの学園”に。
平成6年上野丘から東大道の聾学校の近接地へ移転。
盲児施設、清明学園と合築、定員20名に…ろう学校の児童生徒が減ってきた影響です。
平成11年、知的障がい児者施設、うえの園を本体施設とし
あけぼの学園は併設となる。現在は定員10名。
幼児から18歳までが入所できる。
e0209208_024978.jpg

 ↑ 上野丘に残る、旧あけぼの学園跡
e0209208_044689.jpg
e0209208_053477.jpg

 ↑ 現在のあけぼの学園
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-04 00:12 | ワンポイント学習シリーズ

つくみイルカ島

 津久見市四浦のイルカ島は、自然の海でイルカに触れ合える施設として、大分市の水族館「うみたまご」を運営するマリーンパレスが4月2日に開館。
イルカ16匹のほか、アザラシ2匹、ペンギン2匹などが飼育されている。

 1日4回のイルカショーや、イルカに直接触れ合えたり、エサをあげる有料体験プログラムなどもある。隣の市漁村センター前では、津久見特産のマグロを加工したコロッケやバーガー、ギョーザが販売されている。

イルカ島=0972(85)3020。

【場 所】・・・研修会場から高速で1時間程度
 大分県津久見市大字四浦2218番地10 
 うみたま体験パーク つくみイルカ島
【問合せ】 
 2011年3月中旬まで 大分マリーンパレス水族館「うみたまご」 TEL 097-534-1010
 2011年3月中旬以降 つくみイルカ島 TEL 0972-85-3020
【入場料金】 
 大人(高校生以上) 一般 840円 団体 760円
 小人(小・中学生) 一般 530円 団体 480円
 幼児(4歳以上)   一般 420円 団体 380円
 ※ 団体・・・20名以上

e0209208_7465675.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-03 06:57 | 大分の名所シリーズ

大分のローカルヒーロー

大分を愛するみんなの心が集まって発生したエネルギー体「キョードアイ」が
大分の為にがんばる人に宿り誕生したスーパーヒーロー。
必殺技は「真羅神拳(しらしんけん)」

敵役は、ダークシティオーイタ。
大分の特産品をダークチェンジさせてダークモンスターを生み出す。
”ナバロン””カイボス””ゲサキング””ジューカーレイ”
名前を聞いてピンと来る人は、立派な大分県人。

3月13日のOABおやじフェスタで、パワーシティオーイタの
勇姿が見れる予定でしたが、東日本大震災が発生
フェスタは中止となりました。
残念でしたが、きっと正義のヒーローは一般人の姿になって、
被災者を助けていることでしょう。
e0209208_2317488.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-02 00:10 | 秘密でない県民シリーズ

由布岳

湯布院のシンボル豊後富士

 若い人に人気の観光地である湯布院の北東部にそびえる由布岳は豊後富士といわれ親しまれている。古くから神の山と崇められ「豊後風土記」や「万葉集」にも登場する名峰である。

 頂上部は双耳の峰になっており由布院のどこからでも良く見える。ミヤマキリシマや紅葉、霧氷と年中登山者の絶えることのない人気の山である。案内板や登山道も整備され急斜面もジグザグ道で困難なく登れる。5合目あたりまで自然林で実に気持ち良い道が続く。山頂からは別府湾や九重連山、湯布院の町などが望める。
e0209208_2293075.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-01 07:11 | 大分の名所シリーズ