<   2011年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

講座班会議

≪講座班会議≫
大会開催まで3カ月余りとなり、全国の皆さんに「参加してよかった、大分に来て良かった」と言ってもらえる大会を目指し、私達講座班もゴールデンウィーク返上で打ち合わせを行いました。

e0209208_11313918.jpg

河野総合運営部長も出席し、各自意見を出し合い議論白熱。

e0209208_11323117.jpg

多くの方々の参加をお待ちしています。ご家族、友人・知人御誘いの上、
是非、大分研修会にご参加ください。お待ちしています。
                                   講座班:Non
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-11 06:48 | 全通研大分集会シリーズ

竹製品のお土産

日本有数の温泉地として名高い別府。
室町時代に行商用の籠を作って売り出したのが始まりとされています。江戸時代には、別府温泉の名が広まり、温泉客が滞在中に使う台所用品が作られました。これらが土産物として持ち帰られるようになり、多くの竹細工が作られ、別府周辺の地場産業と発展していきました。
明治後期になると、多くのすぐれた作家や技術者が出て、現在の別府竹細工の基礎が築かれました。

全国から来られる皆様にも、大分の伝統工芸品をお土産に如何かと024.gif、手作り竹細工の品々を取扱っているお店を紹介します。
懐かしい竹のおもちゃから、繊細な技で編まれた籠や花瓶等、展示販売もされています。
もしかしたら、ユーモアあふれるステキな社長さん(写真)にもお会いできるかもしれません016.gif

e0209208_21544626.jpge0209208_21552093.jpg
e0209208_21554887.jpg

有限会社 竹苑
〒874-0919 大分県別府市石垣東10丁目4-38
TEL.0977-25-1611 FAX.0977-25-1613
MAIL.info@chikuen.com
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-10 05:49 | 大分の名産シリーズ

記念グッズ ファイル 

大分集会の記念グッズファイルが、残り少なくなりました。
まだお求めでない方は、お早めにご購入下さいね。
全通研支部役員にお申込み頂くか、また、センターにもありますのでお申し出ください。
e0209208_19194396.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-09 12:37

見学無料の庭園

先ほど、ご紹介した「千財農園」の次に訪れたのが、宇佐市院内町の「逸見(へんみ)邸庭園」です。
宇佐神宮から、車で約30分のところにあります。

e0209208_22262315.jpg

まず驚かされるのが、城壁かと思うような立派な石垣。これが、逸見さんのお宅です。
個人宅の庭園なので、一声かけて見学してくださいね。




e0209208_22144010.jpg
門にかかる額「愛燦燦」の言葉は、美空ひばりの歌からとったものだそうです。愛情を燦々と注いで造り上げたこの庭園の広さは、約2ヘクタール。驚くことに、ご夫婦2人で造りあげた庭園です。

さあ、門をくぐってみましょう!!



e0209208_22152769.jpg
目の前に手入れの行き届いた日本庭園がドーンと広がります。
これは、本当に個人宅の庭園なのでしょうか                        !?!?!?

             写真左は立派なご自宅です。



e0209208_22161792.jpg
美しい杉木立の並ぶ裏山が借景となって、奥行きを感じるとてもバランスの良い庭園となっています。それもそのはず、ご主人は数学の教師をされていた方なので、石や木の配置など計算され尽くしているのではないでしょうか?(推測ですが・・・。)庭園には、大小の池が幾つかあり、大きな鯉が優雅に泳いでいました。


e0209208_22165577.jpg上から見下ろした庭園です。見事に剪定された庭木は、とても美しく、清々しい気持ちになります。
これからツツジが咲き乱れ、1年の中で最も美しい景観になるそうです。

見学料無料にもかかわらず、自由に散策させていただき、おまけにすてきなBGMまで流れています。
日本庭園がお好きな方はぜひ行かれてみてください。
とにかく驚きますよ~。そして、癒されますよ~。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-08 00:05

入園無料の観光地

e0209208_2154066.jpg今年のゴールデンウィークは曜日配列が良く、天候にも恵まれたため、いろんな所に遊びに行きました。ふと気がつくとお財布の中身がとても寂しいことになってしまいました・・・(^_^;) けれど、家の中でジッとしていられず・・・。そこで思いついたのが、入園料無料の観光地巡りです。まず訪れたのが、宇佐市四日市にある「千財農園」です。宇佐と言えば、国宝の宇佐神宮が有名ですが、その宇佐神宮から車で約15分のところにあります。

e0209208_2162583.jpg

千財農園(茶畑)の横にある2,400坪の藤棚には約240本の白・ピンク・紫の美しいフジの花が咲き、辺り一面甘~い香りがしています。


    藤棚から見える茶畑も美しい!!


e0209208_2171219.jpgめずらしい八重のフジの花です。丸~るい花の形から葡萄の房を思い浮かべました。


e0209208_218079.jpg





e0209208_2181365.jpg


新茶の時期です!!
新茶を煎じる香ばしい香りに誘われて、冷た~い緑茶で一服。
(ホットもあります。)とても美味しかったです。

この容器、なんだか懐かしいですよね~。




夏集会が開催される8月にはフジの花はありませんが、フジの見頃(4月・5月)に是非立ち寄ってみてくださいね。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-07 22:05

情報保障

先日、パソコン要約筆記者と一緒にビーコンプラザの下見を行いました。

2008年の「大分国体」「全国障がい者スポーツ大会」をきっかけに
本格的にスタートした大分のパソコン要約筆記。
一昨年は、「全九州ろうあ者大会」式典を担当し、
今回の全通研集会では、開閉会式、記念講演と第4講座を担当します。

手話通訳者と要約筆記者がスクラム組んで、大会を支えます。
       
                     情報保障班
e0209208_1682567.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-07 16:11 | 全通研大分集会シリーズ

府内城(ふないじょう)

府内城(ふないじょう)は、大分県大分市にあった城である。大分城(おおいたじょう)とも呼ばれる。府内藩の藩庁が置かれた。

府内城という名称は、大分市が中世に府内と呼ばれていたことにちなむ。府内には、古代には豊後国の国衙が置かれ、鎌倉時代から戦国時代にかけては豊後国の守護職・守護大名であった大友氏の拠点であった。

現在の大分駅東方に、大友氏館と呼ばれる守護館が築かれ、南方の上野丘陵には上原館(うえのはるやかた)と呼ばれる堀や土塁を備えた防衛拠点が置かれていたが、2度ほど府内への侵攻を受けた際には、いずれも府内を捨てて近隣の高崎山城などへ拠点を移している。

1586年(天正14年)の島津氏侵攻の折りには、大友氏館などを含む府内の中心部は焼き払われたが、後に代官として府内に入った早川長敏は館を改修して移り住んだと伝えられている。
e0209208_9394688.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-07 10:42 | 大分の名所シリーズ

別府八湯 観海寺温泉

e0209208_2220070.jpg「いちのいで会館」
 大会初日8月26日の交流会場「杉乃井ホテル」と同じ観海寺にある「いちのいで会館」をご紹介します。
 別府湾を一望できる高台の露天風呂の温泉。晴れた日は空と同じスカイブルーに温泉が染まります058.gif湧出しているお湯は無色透明ですが、空気にふれたり、日光の影響を受けるとブルーの濃淡のグラデーションを見せます。この日は薄日がさしていたので、コバルトブルーのやわらかい色に染まっていました。
 露天風呂は2箇所あり、ひとつは温泉というよりプールのような広さの浴場と5~6人はゆっくり入れる岩風呂が2つ。もう1箇所は大きめの岩風呂にやはり2つの小さめの岩風呂つき。写真をご覧ください。日替わりで男湯と女湯の場所が替わります。2年前に行った時は無かった家族風呂が今回は併設されていました。ワイルドな解放感が何とも言えませんよ(^^♪
e0209208_1832350.jpg

  「景観の湯」まるでプールのような大浴場
e0209208_1828116.jpg

e0209208_182829100.jpg

  「金鉱の湯」適度な大きさの岩風呂。この日はこちらが女性でした。きれいなブルーでしょう。
 蒸気のサウナも併設されています。ちょっと陽に焼けましたけど007.gif帽子をかぶって入る!?
 温泉に入ってからランチ(団子汁定食)を食べるのが定番のようですよ。入浴と食事はセットになっています
e0209208_9204093.jpg
e0209208_18335291.jpg
 







なんと広告活動に励んでいるYさんとばったり!一緒にお食事しながら楽しい会話が弾みました!
 張ろうね!
051.gif

・店 名:いちのいで会館
・ジャンル:割烹・小料理、弁当、和食(その他)
・TEL0977-21-4728
・住 所:大分県別府市上原町14-2
・交通手段:亀の井バス観海寺橋下車徒歩20分
       亀の井バス雲泉寺橋下車徒歩10分
・別府駅から1,799m
・営業時間:[月~金]11:00~17:00
      [土・日・祝]10:00~17:00
      ※17:00~19:00(予約制)
・入浴形態:男女日替わり(女性 偶数日 金鉱の湯、奇数日 景観の湯(男性はその逆)
・料  金:ランチ&温泉セット1,300円
:家族風呂1,300+3,000円(3室)予約無しでも可
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-06 18:38 | 湯ったり温泉シリーズ

両子寺

両子山の中腹に両子寺があります。六郷満山の中では中山本寺、すなわち山岳修行の根本道場に当たり、特に江戸期より六郷満山の総持院として全山を統括してきました。

しかしながら時代の趨勢、明治初頭の神仏分離、第二次世界大戦等の法難、自然災害・人為災難等の遭遇により次第に堂宇は往時の姿を薄れてかけて来ましたが、歴代住職の懸命な精進と檀信徒の護持によりわずかながらも、面目を保ちつつ今日に至っています。

境内は瀬戸内海の国立公園、大分県史跡に編入され、全国森林浴の森百選の指定地として自然に恵まれ、四季を通じ殊に、新緑、紅葉のもみじには遠近を問わず、大勢の参拝客で賑わいます。

 信仰として、特に子授けの祈願所、安産・厄除け・交通・家内安全・航海安全等各種祈願や幼没水子・先祖供養等の供養が一般、檀信徒を問わず広く門戸を開放し厳修されています

国東半島最大級の石像の仁王像(仁王門)
e0209208_2149818.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-06 06:49 | 大分の名所シリーズ

〔速報第2号〕

 載せるのが、大変遅くなりましたが、作成・配布・郵送いたしました「速報第2号」です。
 今後、3号、4号・・と作成しますし、ブログにも載せていきます。
e0209208_22564280.jpg
e0209208_22572741.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-05 06:50 | その他