<   2011年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

東日本大震災義援金活動

東日本大震災義援金(募金)活動への協力依頼

社会福祉法人大分県聴覚障害者協会評議員会、理事会で東日本大震災義援金活動実施が決定しました。
今後は地区協会、県手連、全通研支部に協力を依頼して、大分県として連携した運動を進めていきたいと思いますので、皆様のご支援ご協力をお願いします。

【趣旨】
平成23年3月11日に東北地方太平洋沖に大規模な地震が発生しました。
被害の大きさに驚くと共に、被災された多くの皆さんや聴覚障害者、手話通訳者の方々の安否を心配され、心を痛めていると思います。
財団法人全日本ろうあ連盟は、「東日本大震災聴覚障害者救援中央本部」を立ち上げ、被災地の最新状況、聴覚障害者及びその関係者の安否情報、被災地の対策本部の動き、必要な救援物資、提供などについての情報を集め始めています。
当協会としても、何かできないかと、先般、評議員会及び理事会で協議し、義援金を募ることに決定しました。
みなさまにご理解いただき、支援の気持ちを募金としてご協力をお願いします。金額は、いくらでも良いです。

各団体でお取りまとめの上、センターへ持参下さい。
お寄せいただいた義援金全額、東日本大震災聴覚障害者救援中央本部を通して被災地の聴覚障害者等の支援に使わせていただきます。皆様のあたたかいご支援をよろしくお願いいたします。
e0209208_1351813.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-21 05:49 | その他

今市石畳を歩いて

大分市今市にあります石畳をご紹介します。


江戸時代、豊後国と肥後国とを結ぶ肥後街道の宿場町として栄えた場所です。周りは普通の住宅で、車も徐行運転で通れるようになってますが、石畳は今も大切に残されています。
今は、青森から鹿児島まで新幹線であっという間に着くという時代ですが、この道を歩きながら、先人達の想いや恵まれた便利さを今一度考えることができました。

つい、近くのスーパーへ行くにも車を使ってしまう貴方!春の花々が咲き始める季節です。
風をきって歩いてみませんか?
速報・記録班も大会期間中は、会場を駆け回り、情報を集めてまわりたいと思っておりますので、参加される皆さまご協力のほどよろしくお願いいたします。     速報記録班担当:やまと

のつはる寿司:酢でしめた魚寿司をキャベツで巻いていて、とても美味♪
e0209208_19342653.jpg

e0209208_19345068.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-21 00:51 | 大分の名所シリーズ

環境にやさしい



16日のブログに紹介された「杉の井ホテル」は、エコホテルなんです。
「環境にやさしい」

交流会の会場に予定されている杉の井ホテルは、別府八湯のひとつ観海寺温泉にあります。

このホテルは、別府温泉の地熱を利用した3000kwの地熱発電所で、
ホテル内の消費電力の半分をまかなっています。

地熱発電というのも、温泉地別府らしいですよね。
e0209208_0393493.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-20 23:55 | 大分の名所シリーズ

大分の二度泣き

まずは、震災から一週間・・・日を追うごとに悲惨な状況が・・
被災者の皆さんにお見舞い申し上げます
さて、全国的に寒の戻りで寒かったですがやっと暖かくなりましたね。(>_<)
その中すてきなものを友達が見つけてくれました!!
                      サクランボの花
e0209208_206497.jpg
















e0209208_2083984.jpg
初めてブログに挑戦します(*^_^*)
知っちょんかえ?
皆さんは「大分の二度泣き」という言葉を知っていますか?
私も何年か前に主人が教えてくれました
(主人はこよなく大分県を愛し、大分の歴史にも詳しい大分県人です)
県外の方が転勤で大分に行くように言われ「大分のような田舎には行きたくない」と
言って泣き(>_<)何年か大分に住み、帰省することになると
「大分のような住みやすいところを離れたくない」と言って泣くらしい。
ちなみに、東京には、大分の二度泣き経験者の集いもあるとか。
あなたは大分の良さをいくつ言えますか?

e0209208_2095975.jpg
大分県の風土と人が芸術家を刺激する
大分県にすばらしい有名人、偉人、奇人を輩出しています。
このことは、以前ブログにも載っていましたね。
その他に映画のロケ地に数多く使用されています。
監督たちは『どうしても、大分で撮りたかった』らしいです。
理由は雄大な山と豊かな海を持つ大分は、
テーマに反した夾雑物が少なく映画のロケ地の最適!!
でも、それ以上に深い人情と海山の幸が監督たちを魅了したのかもしれません(*^_^*)
「なごり雪」「22才の別れ」「男はつらいよ」2本「釣りバカ日誌19」
「風が強く吹いている」「恋空」「風のハルカ」「デトロイト・メタル・シティ」
「復讐するは我にあり」「乱」「悲しき天使」「国東物語」・・他にもあれば教えて!
あなたはいくつ知っていましたか?
私は近年2回も偶然にロケシーンに出会いました(でも、どちらもロケとは気付かずに・・
家に帰宅して娘に「駅の近辺が渋滞してたよ」(22才の別れ)
「今頃、駅伝なんてあったかな?」(風が強く吹いている)こんな自分にガックリ(――〆)

私はこのブログを作りながら改めて、「大分はすごい!」と感激。
本当に緑は多いし、山も海も近い、その上食べ物は美味しいとなると・・「やっぱ大分は最高やね」(*^_^*)
もっと大分の良さを全国に発信するためにしらしんけん頑張らんといけんわ!
みなさん、よろしくお願いします(^_-)-☆

追伸
手話で忙しい私に代わり、夫は台所で日夜料理づくりで協力してくれています。
私のおかげで夫も料理がうまくなり、逆に感謝されています?
夫が作ってくれた料理です。
e0209208_20105316.jpg
イチゴタルト

総合運営部 カイマサ
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-19 20:11 | 秘密でない県民シリーズ

一村一品運動

一村一品運動(いっそんいっぴんうんどう)は、1980年から大分県の全市町村で始められた地域振興運動。1979年に当時の大分県知事である平松守彦氏により提唱され、各市町村がそれぞれひとつの特産品を育てることにより、地域の活性化を図った。

運動の原点となったのが旧・大山町(現・日田市大山町)が1961年から行っていたNPC運動(New Plum and Chestnut運動) である。稲作に適しない山間地帯であることを逆に生かし、「梅栗植えてハワイに行こう」というキャッチフレーズの下、収益率が高く農作業が比較的楽な農作物を生産、果物を出荷するほか、付加価値が高い梅干しなどに加工して出荷を行う運動であり、これが成功したことを平松知事が着眼し、大分全体に広がる形になっている。

「ローカルにしてグローバル」という標語のもと、全国、世界に通じるものをつくるという目標を掲げ、自主的な取り組みを尊重し、行政は技術支援やマーケティング等の側面支援に徹することにより、自主的に特産品を育てることができる人や地域を育てる「人づくり」「地域づくり」を行った。また、付加価値の高い特産品を生産することによって農林水産業の収益構造の改善に貢献した。

一村一品運動は、大分県内に、シイタケ、カボス、ハウスミカン、豊後牛、関あじ、関さば、大分麦焼酎など全国に通用するブランドを生み出した。現在では、特産品の品目は336にのぼり(うち、年間販売額が1億円以上の産品131品目)で、生産額は総額で1,400億円に達している。

この運動は、日本国内の他の地域やタイ、ベトナム、カンボジア等の海外にも広がりを見せている。政府も途上国協力の方策として、途上国における一村一品運動を支援している。特にタイでは、タクシン・チナワットが首相のときに一村一製品運動として政策を行なった。その他、大分県に近い熊本県の小国町・南小国町などでも、独自にこれに近い運動を行って成功している。
e0209208_19274168.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-19 08:44 | 秘密でない県民シリーズ

「おさるの湯」

 
大分インターより車で10分、お猿で有名な高崎山の裏側に位置する由布市挟間町には温泉が8箇所有ります。今回はその中のひとつ「おさるの湯」をご紹介します。
e0209208_19113234.jpgおさるの湯
e0209208_1921278.jpg
e0209208_19183213.jpg
e0209208_19165648.jpg
     






広い敷地内には内湯・露天風呂・サウナ風呂・家族風呂が有り、中でも広い露天風呂は人気が高く県外からも足を運ぶお客さんが増えています


夏の全通研集会でお越しの節は、足を伸ばして「きちょくれ」「みちょくれ」「はいっちょくれ」     
     住所:由布市挟間町高崎628番地の1
     電話:097-583-5966
     泉質:アルカリ性単純温泉
    入浴時間:露天風呂→午前6時~  サウナ風呂→午前8時~ 
         家族風呂→午前9時~  午後11時閉店 (年中無休)
     入浴料金:内湯・露天風呂→大人300円 子供150円 
           サウナ風呂→大人500円(子供は利用できない)
           家族風呂→40分(1,200円)60分(1,700円)
    浴室備品:タオル(有料)ボディソープ&石鹸&シャンプー設置有り(無料)     
※露天風呂の写真が暗くてごめんなさい<(_ _)>「
おさるの湯」をクリックしてホームページを見てね(^_-)-☆

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-18 08:35 | 湯ったり温泉シリーズ

小鹿田焼き

小鹿田と書いて「おんた」と読む。なんと変った読み方で、またなんと美しい響きを持つ名称であろうか。九州に数ある焼物のなかでもこんな不思議な名称の焼物は他に類をみない。

一度覚えたら決して忘れそうも無いもの名称はいつ、どのようにして生まれたのだろうか。また、小鹿田の言葉にはどんな意味があるのだろうか。誰しも一度はきっとこんな疑問を抱いたに違いない。

小鹿田焼きの窯元は10軒ある。一子相伝が開窯以来の習慣であり、今後も変ることは無い。
「小鹿田焼」は10軒の窯元共有のブランドであり、個人の名を入れる事をしない、展覧会等に個人名で出品しない等の取り決めがあるが、これらは美を意識した作品作りに戒めた柳宗悦の教えに基づいた物で、集団の知恵でもある。

別府の町でも販売されていると思います。是非手にとってご覧ください。
e0209208_17381149.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-17 15:30 | 大分の名産シリーズ

杉乃井ホテル

杉乃井ホテル(すぎのいホテル)は、大分県別府市の別府八湯のひとつ
観海寺温泉にある大型リゾートホテル。

客室総数562室、収容宿泊客数2,434名で、別府市では最大の規模を持つ。

研修会の時の交流会場の予定です。               このホテルの棚湯は絶景ですよ。
e0209208_3204657.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-16 06:13 | 秘密でない県民シリーズ

大分空港

大分県北東部の国東半島の沿岸の海域を埋め立てて造成した空港である。2009年10月までは大分市との間にホバークラフトが就航しており、空港ビルに隣接して乗り場があった。

大分県では、高速道路や新幹線などの高速交通網の整備が遅れていたが、1979年に当時の平松守彦県知事が、小型軽量で航空貨物による輸送が可能な製品を製造する先端技術産業の立地を空港を核に進める臨空工業地帯構想を打ち出し、現在では大分空港近辺には大分キヤノン国東事業所、大分キヤノンマテリアル杵築事業所、日本テキサス・インスツルメンツ日出工場等の先端技術産業の立地が進んでいる。
e0209208_16582931.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-15 08:01 | 大会の案内

全通研大分支部

昭和54年に大分県手話サークル連絡協議会が設立され、翌年の昭和55年に全国手話通
訳問題研究会大分支部が設立されました。
支部結成当初は県手連と全通研の違いは何か、役割は何か等についての議論が繰り返さ
れたことを覚えています。

当時の支部活動は現在のように定期的な学習会等は位置づけられていませんでした。
数年後からは「全通研が総力を結集して贈る講座」を年間に3回程度開催するようになり、県内でのブロック単位での学習会を開催していました。
会員も徐々に増え60名程度になってきたと思います。

県聴覚障害者協会と県手話サークル連絡協議会の3団体との協議の中で全通研支部
は手話通訳配置等の業務を担うということが取り決められ、昭和59年頃からは県身体
障害者体育大会の手話通訳者の配置は全通研支部が行うようになりました。
その後県手連が担当し、現在は県聴覚障害者協会が担当しています。

その後紆余曲折を経ながら現在は活動が活発になってきました。
現在は県内を下記の地域に分けて、それぞれ活動をしています

【地域班】
・ 大分(昼)
・ 大分(夜)
・ 中津 宇佐
・ 別府 杵築 日出
・ 日田 玖珠 九重
・ 豊後大野 野津
・ 臼杵 津久見
・ 佐伯

【専門部】
・ 調査研究部(事例についての研究&地域班との連携など)
・ 書籍部(全通研本部の出版物取り扱い)
・ 広報部(月1回 機関紙発行)
・ 健康対策部(会員健康調査・管理など)
・ 事務部(事務全般)
e0209208_20505421.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-14 06:34 | ワンポイント学習シリーズ