<   2011年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

アクセス件数増加

全通研ブログアクセス伸びています


昨年の10月14日から開始したこの全通研大分集会のブログのアクセスが徐々に伸びてきました。
当初は20件程度でしたが、最近は平均40件程度のアクセスがあるようになりました。

聴覚障害者センターブログは1日に120件程度のアクセスがあるので、まだまだ知名度が低い
と思います。

また内容についてももっと工夫して多くの人に見てもらい、全通研大会には全国から多数参加して
いただきたいと思います。

ブログ開始から大会終了まで1日も欠かさずに更新していくことを目標にしています。

1/4 日 53件  5日49 件 6日42 件  7 日44件  8日45件 9日27件 10日39 件
e0209208_16234147.jpg

 
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-12 00:26 | 全通研大分集会シリーズ

スタッフ募集

第44回全国手話通訳問題研究集会in大分スタッフ募集
 
2011年全通研夏の集会はここ大分で開催されます。
全国各地から多くの仲間たちが、別府に集います。大会当日は多くのスタッフを必要としますので、皆さんのご協力をお願いします。

【要員募集申込書】
大会当日にご協力頂ける大会スタッフを募集します。
スタッフ配置については各班の希望人数や資格等により調整を行います。配置の際に参考にしますので、資格や特技があれば備考欄に記載してください。
なお、大会スタッフについては2日以上のご協力が可能な方にお願いしたいと考えておりますので、ご協力をお願いいたします。
申込みの締切りは2011年2月28日です。
e0209208_11184939.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-11 11:18 | 事務局からのお知らせ

大分の名所シリーズ

大分でスキーができるの?              

 広さ約10haのゲレンデに、総延長2,500mの5つのスキーコースとスノーボード用のボードパークがあります。
 1996年12月20日にオープンし、本州以北のスキー場と比較すれば小規模であるものの、九州では最大のスキー場です。ゲレンデからは、九重連山や阿蘇山の眺望が楽しめます。

 南国のスキー場ですが、標高約1,300mの高さに位置するとともに、人工降雪機を備えており、例年、12月中旬頃にオープン。滑走は3月末頃まで可能。

近隣には、筋湯温泉をはじめとする九重九湯があり、宿泊や日帰り客の立ち寄り湯に利用されています。

4月から11月の期間は九重森林公園として営業しており、5月にはシャクナゲ、6月にはミヤマキリシマ等の花々が美しく咲きます。
e0209208_8463539.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-10 08:47 | 大分の名所シリーズ

実行委員会開催

実行委員会開催

1月9日(日) 15時から17時まで実行委員会が開催されました。
1月6日(木)に開催された事務局会議の内容を実行委員会に提出して協議しました。
 
 企画部からは開会式のアトラクションの案があったら出してほしいとの提案がありました。
 全体会議のあとは各班に分かれての打ち合わせ会議を開きました。

会議内容は事務局会議と同様なもので進められました。
e0209208_15465288.jpg

e0209208_1547927.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-09 16:33 | 全通研大分集会シリーズ

事務局通信

2011 第1回事務局会議

新年が明けてまだ数日しかたっていませんが、早速事務局会議が6日に開催されました。
車で1時間程度もかかる事務局員もおり、ご苦労様でした。
当日は
①全体の進捗状況の説明
②各班の報告
③大会スタッフ募集
④大会啓発活動
⑤記念グッズ販売
⑥補正予算
   等について協議されました。
   9日に実行委員会がありますので検討事項を再度協議したいと思います。
e0209208_1635081.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-08 08:53 | 事務局からのお知らせ

大分の名所シリーズ

鶴見岳の四季

◇鶴見岳山頂では、約5,000本のミヤマキリシマをはじめキスミレなど珍しい植物が咲き誇ります。
◇平地より10度涼しく、夜は鶴見岳山上から美しい1,000万ドルの「夜景」をお楽しみいただけます。
◇ヤマザクラ・カエデ・クマシデ・コナラなどの樹々が日に日に山を染めあげます。アキノキリンソウは、 9月以降が見頃です。
◇冬の鶴見岳は九州では数少ない霧氷の銀世界が楽しめる、一年で最も多くのお客様が訪れます
e0209208_22415326.jpg

e0209208_22423133.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-07 07:04 | 大分の名所シリーズ

メルマガに大分支部長登場

全通研メルマガ 園田全通研支部長登場

 ※全通研メルマガ 第34号 2011/1/4  より引用 
   □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

みなさん、あけましておめでとうございます。
一般社団法人全国手話通訳問題研究会(全通研)です。
全通研は毎年8月に、全国手話通訳問題研究集会(夏集会)を開催しています。
2011年は、第44回集会を大分県別府市で開催します。
地元大分では、県聴覚障害者協会と全通研大分支部が実行委員会を結成し、
会場の確保から旅行会社との折衝、記念講演や研修講座の企画など準備を進めています。
今日は、全通研の集会担当理事として活躍されている全通研大分支部長園田暢子さんに、
大分集会の準備の様子などについてお聞きしました。
e0209208_20185575.jpg

=================
Q 大分支部はどんな支部ですか
A 自然豊かな環境に恵まれたところで、その土地柄をズバリ表すように、のんびりと、
しかし、ここぞという時はみんなで力を発揮している大分支部です。

Q 全通研夏集会は、どんなことを目的に開催するのですか
A 聴覚障害者の福祉の向上・研究、手話通訳者制度の発展、社会福祉の増進に寄与すること、
また通訳者等のお互いの交流を深めあう場として開催します。

Q 全通研の理事となって、集会の担当をされていますがどんなことをされているのですか
A 地元実行委員会ではスケジュールに沿っての担当部署会議を開きますが、全員が集まるのも一苦労。
集まると色々な意見が出て盛り上がり、ついつい時間が延びてしまいます。
そんな会議の進捗状況を把握し、各部の連携がうまくいくように調整したりもします。
本部と地元実行委員会のパイプ役も大切な仕事です。
地元で決めたことがひっくり返って、頭を抱えることもありますが、
いろんなアドバイスをいただきながら地元の仲間と取り組んでいます。

Q 大分集会実行委員会では、ブログを立ち上げたと聞きましたが
A はい。「大分県聴覚障害者協会」のHPにアクセスしていただけると
「大分集会」のブログをご覧になれますし、下記のアドレスにても可能です。
実行委員会の会議の様子、委員の日々のつぶやき、また大分のうまいもんなどを紹介しています。
ぜひご覧ください。
(大分集会実行委員会ブログ http://zentsuoita.exblog.jp/)

Q 実行委員長はどんな方ですか
A 西村務と言います。大分県聴覚障害者協会の理事長もしております。
責任感のある方です。実行委員と常に同じ目線で接してくれます。地元のお酒のことならお任せください。

Q 全通研集会の楽しみのひとつが記念講演です。講師は決まりましたか
A 決定いたしました! 東京大学大学院教授の姜尚中氏です。
この集会にも、とても関心を示してくださっています。
姜氏は在日二世ですが、それを受け入れるまでの葛藤や、豊かな愛に出会うことの大切さなどが、お聞きできるかと思います。
集会にて「生(なま)姜氏」を見て聞いて、姜氏の思いを感じてください。

Q 研修講座はどのようなものがあるのですか
A 内容としては、第1講座「研修」、第2「権利」、第3「運動」、第4「健康」、第5「コミュニケーション」、第6「入門」です。
講師陣もほぼ決定しています。地元大分の講師陣のがんばりが目につくかと思います。
その他、講師の多彩な顔ぶれにもご期待ください。

Q 大分はどんな街ですか
A 国東半島のいにしえの仏群、日本一の湯量の別府や観光スポットにはぜひこの機会にお出かけを。
大分名物の“うまいもん”もたくさんありますよ。だんご汁、関サバ、関アジ。
そうそう、地酒や焼酎も名水を使っているのでとてもおいしいです。

Q 最後に、読者のみなさんに集会参加の呼びかけをお願いします
A 大分で初めての全通研の夏の集会を開催します。迷いながらも聞こえない者、聞こえる者同士、
確認をしながら準備を進めています。
全国からの交通アクセスは決して便利とは言えませんが、
そこを大分のパワーでカバーするべく実行委員一同がんばっていますので、2011年8月26・27・28日にはぜひ大分にお越しください。
お待ちしておりまーす。(^^)/
=================
発行元:一般社団法人全国手話通訳問題研究会(全通研)
公式サイト:http://www.zentsuken.net/
問い合わせ:NRASLI@zentsuken.net
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001057782.html
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-06 08:53 | 全通研大分集会シリーズ

「全通研集会in大分」の基点

 大分県聴覚障害者センターの年始です。

 ここからも~
   いろんなことが発信されているのです。
e0209208_22591642.jpg
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-05 06:32 | 全通研大分集会シリーズ

大分の名所シリーズ 鬼石坊主地獄

明治以降「坊主地獄」として観光施設の名所になっていましたが、一度閉鎖され新たに「鬼石坊主地獄」
としてOPENしました。

灰色の熱泥が沸騰する様子が坊主頭に似ている事から「鬼石坊主地獄」と呼ばれる様になったそうです。
場所は、海地獄の隣です。

施設内には、「足湯」もあります。

                                 鬼石坊主地獄
e0209208_21133550.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-04 06:50 | 大分の名所シリーズ

冬の使者

大分の市街地や平野部では積雪を見ることは多くありません。
今年は久しぶりの積雪があました。
雪に関することばも様々ありますね。

 ◇降る時期による名前・表現
〇例年よりも【初雪】が早く降れば【早雪(そうせつ)】と呼ばれ、山々に【初冠雪】をもたらします。
〇やがて冬を越し、その年最後の【終雪(しゅうせつ)】となり、【雪の別れ】【雪の果て】【雪の名残】と呼ばれて冬に別れを告げます。
〇歌で有名な【名残雪(なごりゆき)】は、まるで名残を惜しむかのように春近くに降る雪のこと。振り返ればあれが最後だったと思うような、その年最後の雪でもあります。
〇また、春になっても残る雪を【残雪】【去年の雪(こぞのゆき)】と呼び、とけずに残る【根雪】や、年中とけない【万年雪】もあります。

 ◇降る雪の名前・表現
名前を知ると雪を見る目も変わります
手に触れればすぐにとけてしまう雪ですが、その様子から様々な名前がついています。
〇【白雪】【雪花(せっか)】【深雪(みゆき)】 雪の美称。
〇【細雪(ささめゆき)】 細やかに降る雪のこと。
〇【粉雪】【小米雪(こごめゆき)】 粉のように細やかな雪のこと。パウダースノー。
〇【灰雪】 灰のようにふわふわ舞う雪のこと。
〇【泡雪】【沫雪(あわゆき)】 泡のようにとけやすい雪のこと。
〇【淡雪(あわゆき)】 うっすらと積もる、とけやすい雪のこと。
〇【玉雪】 比較的暖かい時期に降る、玉の形をした雪のこと。
〇【綿雪】【牡丹雪】【花びら雪】 雪片(せっぺん。ひとひらの雪をさす)の大きな雪のこと。
ホワイトクリスマスにはどんな雪が似合うでしょう
〇【餅雪】 玉雪や綿雪がややとけている状態の雪のこと。
〇【べた雪】【濡れ雪】  餅雪よりも水分の多い雪のこと。
〇【水雪】 べた雪と雨の中間。
〇【風花】 風上の降雪地から、風にのって流されてきた雪のこと。

 ◇積もる雪の名前・表現
雪化粧した町はまるで別世界
降り積もった雪の様子にも、色々な表現があります。
〇【銀世界】【銀雪】【雪化粧】 積雪した様子。
〇【新雪】 積もったばかりの雪のこと。
〇【瑞雪】 めでたいときの雪。
〇【粗目雪(ざらめゆき)】 とけたり凍ったりを繰り返してできた粗い雪。
〇【どか雪】 一時に大量に降り積もること。
雪明かりのなか、街燈にも綿帽子
〇【雪明かり】 積雪で薄明るくなる様子。
〇【雪持ち】 雪が枝や葉に積もっている様子。
【綿帽子】 樹木などに積もった雪の様子。
〇【松の雪】 松の枝葉に積もった雪。
〇【垂り雪(しずりゆき)】 枝や屋根などから落ちる雪。
d0070316_17574835.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-03 05:51 | その他