カテゴリ:大分の名所シリーズ( 57 )

「大分合同新聞」 

 大分県の広報・ニュース媒体の一つをご紹介します。

 地方紙と呼ばれる「大分合同新聞社」は、全国の新聞社の中でも希有なことであるが、有限会社組織でした。しかし、2006年(平成18年)5月1日の会社法施行により有限会社の法的定義が消滅し、現有限会社を株式会社に統合するため、同日より特例有限会社に移行したという新聞社です。e0209208_8514296.jpg
e0209208_8523122.jpg

 大分唯一の県紙として、「大分県を豊かに」を社是に、さまざまなニュース・情報を県民に提供しており、新聞は朝・夕刊連続発行で、発行部数は1日45万部(朝・夕刊各22万5千部)ということです。
 大分に来られた折は、きっとこの「大分合同新聞社」が発行した新聞、雑誌、冊子などを目にすることでしょう。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-30 08:58 | 大分の名所シリーズ

坂本竜馬が駆け抜けた街  大分市佐賀関

海舟日記によれば、佐賀関において「15日 5時 豊前、佐賀関、着船。即ち徳応寺へ止宿す。」
鶴崎において「16日、豊後鶴崎の本陣へ宿す。佐賀関より5里。此地、街市、可なり、市は白滝川に沿う。山川水清、川口浅し。」とあり、次の句を残しています。

「大御代はゆたかなりけり 旅枕 一夜の夢を 千代の鶴崎」

 野津原においては、「17日、野津原に宿す。五里、山の麓にて、人家可ならず。八幡川あり、大低一里半ばかり、川堤に沿うて路あり。海道(街道)広く、田畑厚肥、桃菜花盛、」とあり、次の句を残しています。

「民のかまどゆたけきものを、しらぬいのつくし生うてう野津原のさと」

 また、佐賀関に上陸した際、坂本龍馬一行が宿泊した徳応寺の第10世住職東光龍潭が「日本人物誌」の中で乗船のスケッチも含め、詳しく記録に残しています
e0209208_9351586.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-28 06:23 | 大分の名所シリーズ

くじゅう花公園

面積約20ha、標高800mにある花の公園。広い園内にはチューリップやラベンダー、コスモスなど季節に応じて様々な花が植えられ、日本百名山に数えられる久住山を借景とする美しい自然が満喫できる

また、久住山の反対側には阿蘇五岳を見晴らし、時には雲海も見られるなど日本離れした景色がすばらしい。夏は涼しい高原の空気が日ごろの疲れを癒してくれると共に、子供向けのイベントも充実している。毎年、春から秋にかけて営業し、冬季(11月~3月上旬)は休業している。
e0209208_21274782.jpg

e0209208_21281813.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-27 06:05 | 大分の名所シリーズ

別府ワンダーラクテンチ

別府ワンダーラクテンチは立石山の中腹にあり展望の良いところです。1929(昭和4)年創業の老舗遊園地で入り口からはケーブルカーで遊園地に登ります。ここは、桜とツツジの名所で春には花見ができます。園内にはパノラマ温泉という温泉館があり、別府市街地と別府湾を眺めながら入浴できますし、露天岩風呂もあります。別府ならではの施設です。

園内の遊具施設は、まず入口に建つ日本初のW観覧車、別府の街並みを一望できます。そして、人気のあるのがジェットコースターやゴーカート、サイクルモノレールです。それ以外全部で24種類の施設があります。
また、楽しいのが、名物のアヒルのレースで、1回100円で賞品付きです。なかなか当たらんですね。
全長160mのレインボー大吊橋もあり、ユラユラ揺れて恐いですね。でも、眺めはいいです。この橋は別途100円の通行料が必要です。

ゾウやキリン、かわいいウサギやミーアキャット、プレーリードッグ、アライグマなど触れ合いがいっぱいの動物園もあり、1日楽しめる総合レジャーランドです。
e0209208_9491153.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-23 07:15 | 大分の名所シリーズ

ムッちゃん平和像

≪ムッちゃん平和像≫
戦時中、横浜から疎開してきたムッちゃん(当時12歳)は、結核を患い飢えと孤独の苦しみの中、昭和20年終戦直後西大分駅近くの防空壕の中で一人寂しく死んでいったという悲話。
世界平和を願い昭和58年8月12日に「ムッちゃん平和像」が、二度と戦争による悲惨な惨禍を繰り返さないためにも、この平和像建立を機に平和を誓うとともに平和像が平和のシンボルとして皆様に愛され、そして平和の輪が更に広がる事を願って建てられました。
今も、地元の方々に温かく見守られ千羽鶴や花の途切れることはありません。
講座班Non
e0209208_22341559.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-13 06:50 | 大分の名所シリーズ

街角紹介

今回は、大分市内の街角紹介をします。
金池交差点から城址公園まで「遊歩公園」があり、そこには多くの記念碑等が設置されています。
是非一度、散策をお勧めいたしますよ。
e0209208_12441860.jpg

e0209208_12444964.jpg

e0209208_12455466.jpg
e0209208_12465341.jpg

e0209208_12474197.jpg

[#IMAGE|e0209208_12482627.jpg|201104/12/08/|mid|604|537#
e0209208_17165641.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-12 12:51 | 大分の名所シリーズ

アフリカンサファリ

九州自然動物公園アフリカンサファリ(きゅうしゅうしぜんどうつぶこうえん アフリカンサファリ)は、大分県宇佐市安心院町南畑(旧安心院町)に存在する日本最大級のサファリパーク形式の動物園。

約6kmのサファリロードを、マイカーやジャングルバスで野生動たちを観察する「動物ゾーン」とウサギやモルモットなどとのふれあいを楽しめる「ふれあいゾーン」(散策エリア)の2種類のエリアにわけられている。

広大な自然の中70種1400頭羽の動物が生き生きと暮らすサファリパーク。
ジャングルバス(乗車1000円)に乗れば、キリン・ゾウ・ライオン・トラなどに大接近。
エサをあげることができる。カンガルーふれあいの森、九州ではここでしか見られないチーターセクションもある。

研修会場から車で20分程度のところです  こども企画で訪問予定です
e0209208_2455636.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-02 06:35 | 大分の名所シリーズ

今市石畳を歩いて

大分市今市にあります石畳をご紹介します。


江戸時代、豊後国と肥後国とを結ぶ肥後街道の宿場町として栄えた場所です。周りは普通の住宅で、車も徐行運転で通れるようになってますが、石畳は今も大切に残されています。
今は、青森から鹿児島まで新幹線であっという間に着くという時代ですが、この道を歩きながら、先人達の想いや恵まれた便利さを今一度考えることができました。

つい、近くのスーパーへ行くにも車を使ってしまう貴方!春の花々が咲き始める季節です。
風をきって歩いてみませんか?
速報・記録班も大会期間中は、会場を駆け回り、情報を集めてまわりたいと思っておりますので、参加される皆さまご協力のほどよろしくお願いいたします。     速報記録班担当:やまと

のつはる寿司:酢でしめた魚寿司をキャベツで巻いていて、とても美味♪
e0209208_19342653.jpg

e0209208_19345068.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-21 00:51 | 大分の名所シリーズ

環境にやさしい



16日のブログに紹介された「杉の井ホテル」は、エコホテルなんです。
「環境にやさしい」

交流会の会場に予定されている杉の井ホテルは、別府八湯のひとつ観海寺温泉にあります。

このホテルは、別府温泉の地熱を利用した3000kwの地熱発電所で、
ホテル内の消費電力の半分をまかなっています。

地熱発電というのも、温泉地別府らしいですよね。
e0209208_0393493.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-20 23:55 | 大分の名所シリーズ

大分の名所シリーズ 鬼山地獄

鬼山地獄は、別名「ワニ地獄」とも呼ばれている。大正12年に日本で初めて温泉熱を利用し、ワニ飼育を開始した。

現在、クロコダイル、アリゲーターなど世界のワニ 約80頭を飼育している。
※研修会場からは車で20分程度のところです。
                      鬼山地獄
e0209208_2122912.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-06 05:24 | 大分の名所シリーズ