カテゴリ:未分類( 25 )

協会の歩み④大分県総合社会福祉会館時代

大分県総合社会福祉会館時代(昭和61年~平成8年9月) 

 総合福祉会館の2階事務所に協会事務所を入居すると同時に専従職員を設置、協会事業を進めていく体制が整ってきた。この福祉会館には大分県身体障害者福祉センターが併設されており、体育館、温水プール、卓球室、機能訓練室、料理実習室、会議室等があり多くの協会会員が利用するようになった。  

 さらに身体障害者福祉センターには、県庁障害福祉課の専任手話通訳者が生活指導員として配置されるようになったため、協会事務所のみでなく身体障害者福祉センターにおいてもろうあ者の各種相談にも応じる体制が整ったとともにろうあ者が参加者しやすい各種教室も企画され、センター利用者の中でもろうあ者の利用が際立っていた。

 e0209208_15325358.jpg
事業については県から新たにビデオライブラリー事業の委託が加わったとともに市町村からの手話奉仕員養成事業の委託事業中心に進められてきた。
会員対象に機関誌を毎月発行していく体制を整えた意義は大きく、会員に各種の情報を提供と共有化が図られ、会員相互の連携が促進させられた。
          
 そして、昭和61年から手話学習者を中心にした「賛助会員制度」を設け、年間3,000円の会費で毎月協会の発行する機関紙「豊の国聴障ニュース」を自宅に郵送するようにした。制度発足当時は数十人程度であったが数年後には700人程度に定着するようになった。
協会の事務局体制が整ってくることにより、協会の支部も4支部設立し、組織の強化が図られてきた時期である。

 平成5年には幅広い活動を目指し、難聴者や中途失聴者も入会しやすいように名称を「大分県ろうあ協会」から「大分県聴覚障害者協会」に変更した。 職員は聴覚障害者相談員1名と専従職員1名の2名体制で事業を進めてきた。市町村からの手話奉仕員養成事業委託拡大と機関紙の発行や会員向けの事業が充実してきた時期であり、また、聴覚障害者情報提供施設設立に向けて県聴覚障害者協会の社会福祉法人化や施設の建設に取り組みがはじまっていた。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-15 06:41

協会の歩み②ろうあ者授産場時代  

ろうあ者授産場時代 (昭和25年~昭和46年)

 そして、昭和25年には大分市大道町にろうあ者授産場が設置された。当時の入所者は8名であり、木工の技術指導をしていた。
 当時の協会事務所は授産場内に置いていたが同年に授産場と同じ敷地内に移転した。協会の事務については土屋会長が中心に行っていた。

 
e0209208_1716666.jpg
遠方のため聾学校に通えない児童のために昭和23年に「あけぼの学園」が設立された。当時は約130人が入寮しており、寮の生活は6時30分に起床、7時10分体操、挨拶、7時20分に朝食、7時50分に聾学校へ登校。入浴は週に3回で低学年は保母と一緒に入浴していた。幼児の衣服は保母が洗濯し、小学校高学年からは自分で全て洗濯するように決められていた。

 あけぼの学園で生活していたろうあ者にとってあけぼの学園の思い出は限りなくあり、今でも同窓会等が開かれたらあけぼののことが話題になり盛り上がる。
 このあけぼの学園での共同生活の中でろう者同士の連帯感が育まれ、卒園後に先輩から誘われて聴覚障害者協会の会員に入るという例も多く見られた。
            
 あけぼの学園といえば小説「5,000匹のホタル」の中でも取り上げられているように昭和28年に竹田市立明治小学校からあけぼの学園に数千匹のホタルが送られた。
今でも「友情のホタル」として毎年ホタルが送りつづけられている。昭和34年からはあけぼの学園でホタルの人工孵化を行い、竹田の川に放流するようになった。
                
<当時は会員の親睦的な行事が中心で家族そろって参加している> 
 昭和28年には第4回全国ろうあ者大会が別府市で開催され、この時に3月3日を「耳の日」とするように提案している。   
この全国大会を大分県聾唖協会が成功させたことにより、全九州ろうあ連盟に加盟する他の協会の励みとなった大会でもあった。
昭和31年には県から補助金の交付を受けて「県聴力障害者授産所」が正式に開所した。この年に県協会事務所に全九州ろうあ連盟事務所を併設しており、九州のろうあ運動の重要な役割を担っていた。
 そして、昭和32年には土屋会長が全日本ろうあ連盟の副連盟長に選任され、以後昭和48年まで在任している。このことにより全国的な情報をいち早く大分協会が把握することになり、その後も土屋会長が大分のろう運動のリーダーとして会員を導いていった。行政との交渉も積極的に行っており、その後の大分のろうあ者福祉に大きな成果を残している。

 昭和36年には第1回耳の日記念大分県ろうあ者福祉大会を開催した。平成22年現在まで43回開催され、県協会の各地区協会を主管として持ち回りで開催している。この耳の日大会を通して市民啓発を進めると同時に地区聴覚障害者協会会員が結束して大会に向けて準備していく過程の中でそれぞれが大切な経験をする意義深い大会となっている。昭和50年代後半からは手話サークルが県下で誕生してきたことにより、手話サークル会員も耳の日大会実行委員に加わるようになり、ろうあ者と健聴者が連携して大会に向けて取り組んでいく傾向が見られるようになった。
昭和46年以前は県ろうあ協会へ行政からの委託事業はなく、会員相互の親睦的な行事が中心で一部の役員が中心的に活動していた
e0209208_1410019.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-08 07:24

頸肩腕障害

激務改善なく…手話通訳者、5人に1人が「頸肩腕障害」   
【産経新聞2011.6.4 より引用】

 耳が聞こえない人に言葉を手話で伝える「手話通訳者」の約8割が肩凝りを訴え、5人に1人が「頸肩腕障害(けいけんわんしょうがい)」を発症している可能性が高いことが、「全国手話通訳問題研究会」(京都市)の調査で分かった。20年前と比べほとんど改善していない。手話通訳者は首相会見の同時通訳など専門性が高いが、見た目以上に仕事はハードだ。研究会は、仕事の質の割に待遇と人手が十分でないことが原因とみている。

 頸肩腕障害は、同じ姿勢のまま繰り返し手を使い続けることで、凝りやしびれに加え体のだるさや吐き気、睡眠障害などを引き起こす職業病。手話通訳者のほか、保育士やOA機器を使う会社員も発症する。

   e0209208_513817.jpg
調査は昨年9月、全国の手話通訳者1535人を対象に実施。首、肩、腕、手のどこかに常に痛みやしびれを感じている手話通訳者は20.2%で、10年前の調査(20.4%)の横ばい。20年前(24.2%)からも改善されていなかった。

 また、痛みやしびれを伴う頸肩腕障害の前兆となる凝りは「いつも」と「時々」を合わせると肩79.8%、首68.0%にのぼったほか、目の疲れを訴える人も77.8%にのぼった。

 研究会の森川美恵子理事は「専門的な仕事なのに、待遇が悪く、なり手がいないから、特定の人に仕事が集中する。健康問題を解決するには、社会の理解が欠かせない」と話している。

【用語解説】手話通訳者

 健常者の話を手話に変え、聴覚障害者の手話を話し言葉に置き換える専門職。手話通訳技能認定試験を合格した厚生労働大臣公認の「手話通訳士」のほか、都道府県などに認定される人もいる。今年2月1日現在の手話通訳士は2614人。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-07 05:13

記念グッズ ファイル 

大分集会の記念グッズファイルが、残り少なくなりました。
まだお求めでない方は、お早めにご購入下さいね。
全通研支部役員にお申込み頂くか、また、センターにもありますのでお申し出ください。
e0209208_19194396.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-09 12:37

見学無料の庭園

先ほど、ご紹介した「千財農園」の次に訪れたのが、宇佐市院内町の「逸見(へんみ)邸庭園」です。
宇佐神宮から、車で約30分のところにあります。

e0209208_22262315.jpg

まず驚かされるのが、城壁かと思うような立派な石垣。これが、逸見さんのお宅です。
個人宅の庭園なので、一声かけて見学してくださいね。




e0209208_22144010.jpg
門にかかる額「愛燦燦」の言葉は、美空ひばりの歌からとったものだそうです。愛情を燦々と注いで造り上げたこの庭園の広さは、約2ヘクタール。驚くことに、ご夫婦2人で造りあげた庭園です。

さあ、門をくぐってみましょう!!



e0209208_22152769.jpg
目の前に手入れの行き届いた日本庭園がドーンと広がります。
これは、本当に個人宅の庭園なのでしょうか                        !?!?!?

             写真左は立派なご自宅です。



e0209208_22161792.jpg
美しい杉木立の並ぶ裏山が借景となって、奥行きを感じるとてもバランスの良い庭園となっています。それもそのはず、ご主人は数学の教師をされていた方なので、石や木の配置など計算され尽くしているのではないでしょうか?(推測ですが・・・。)庭園には、大小の池が幾つかあり、大きな鯉が優雅に泳いでいました。


e0209208_22165577.jpg上から見下ろした庭園です。見事に剪定された庭木は、とても美しく、清々しい気持ちになります。
これからツツジが咲き乱れ、1年の中で最も美しい景観になるそうです。

見学料無料にもかかわらず、自由に散策させていただき、おまけにすてきなBGMまで流れています。
日本庭園がお好きな方はぜひ行かれてみてください。
とにかく驚きますよ~。そして、癒されますよ~。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-08 00:05

入園無料の観光地

e0209208_2154066.jpg今年のゴールデンウィークは曜日配列が良く、天候にも恵まれたため、いろんな所に遊びに行きました。ふと気がつくとお財布の中身がとても寂しいことになってしまいました・・・(^_^;) けれど、家の中でジッとしていられず・・・。そこで思いついたのが、入園料無料の観光地巡りです。まず訪れたのが、宇佐市四日市にある「千財農園」です。宇佐と言えば、国宝の宇佐神宮が有名ですが、その宇佐神宮から車で約15分のところにあります。

e0209208_2162583.jpg

千財農園(茶畑)の横にある2,400坪の藤棚には約240本の白・ピンク・紫の美しいフジの花が咲き、辺り一面甘~い香りがしています。


    藤棚から見える茶畑も美しい!!


e0209208_2171219.jpgめずらしい八重のフジの花です。丸~るい花の形から葡萄の房を思い浮かべました。


e0209208_218079.jpg





e0209208_2181365.jpg


新茶の時期です!!
新茶を煎じる香ばしい香りに誘われて、冷た~い緑茶で一服。
(ホットもあります。)とても美味しかったです。

この容器、なんだか懐かしいですよね~。




夏集会が開催される8月にはフジの花はありませんが、フジの見頃(4月・5月)に是非立ち寄ってみてくださいね。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-07 22:05

子ども企画のご案内

e0209208_0375930.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-05 00:38

子ども企画のご案内

e0209208_0145527.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-24 00:15

子ども企画のご案内

e0209208_2233481.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-22 02:23

〔広報・記録班〕 広報紙を。

 少しばかり遅くなりましたが、広報として、「第27回全通研討論集会in滋賀」用に
作成・お配りいたしました資料を載せます。


e0209208_21301970.jpg

 このブログや情報と同様に、広報紙を見ていただいて夏には大分に、別府に行って参加したいなあと思われることを願っています。
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-02-28 07:04