2011年 07月 03日 ( 1 )

本場鶴崎おどり

大分七夕まつりは、大分市内で一番大きなお祭りですが、
歴史的には浅いものです。

今回紹介する「本場鶴崎踊り(ほんばつるさきおどり)」は、
400年以上の歴史があり、国の選択無形民俗文化財に選択されていて、
毎年、8月の旧盆直後の土・日に本場鶴崎踊大会が開催されます。

鶴崎踊には、
ゆっくりとした優美な『猿丸太夫』(さるまるだゆう)と、
動きが速く軽快な『左ヱ門』(さえもん)の2種類の踊りがあり、
現在では、主に『猿丸太夫』が踊られます。
e0209208_18262059.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-03 18:27 | イベントシリーズ