2011年 05月 12日 ( 1 )

酒その1

私はこのお酒をお勧めします

人それぞれ好みがあるので難しいですが大分で酒を飲むなら下記のお酒をお試しあれ。

◇美吟 純米酒 (びぎん)
美吟は昭和55年に発売された“お燗で飲める吟醸酒”で純米酒と本醸造酒とがあります。適度で心地よい吟醸の香と旨味とコクのある燗上りするタイプのお酒です。お燗吟醸は全国にさきがけて「西の関」が開発したものです。
・香りの特徴:口に含むと微かに感じる果実様の香りとお米の香が一体となって芳しい香をつくりあげています。
・飲用温度:冷や(15℃)~ヌル目のお燗(38℃)

◇鷹来屋 五代目 (たかきや ごだいめ)
蔵元自ら、杜氏となり、手造りで心を込めて造っています。原料米も地元産の物を主として使い昔ながらの道具でていねいに造っています。冷しておいしい食中酒向きのお酒を主体として醸造しています。
・香りの特徴:おだやかなフルーティーな香りです。
・飲用温度8~10℃

◇智恵美人 (ちえびじん)
佛の里、国東半島の地下200mより、くみ上げられた水を、体にやさしいπ(パイ)ウォーターにして造り上げたお酒です。
・飲用温度15~20℃
e0209208_11585629.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-12 10:16 | 大分の名産シリーズ