2011年 03月 19日 ( 2 )

大分の二度泣き

まずは、震災から一週間・・・日を追うごとに悲惨な状況が・・
被災者の皆さんにお見舞い申し上げます
さて、全国的に寒の戻りで寒かったですがやっと暖かくなりましたね。(>_<)
その中すてきなものを友達が見つけてくれました!!
                      サクランボの花
e0209208_206497.jpg
















e0209208_2083984.jpg
初めてブログに挑戦します(*^_^*)
知っちょんかえ?
皆さんは「大分の二度泣き」という言葉を知っていますか?
私も何年か前に主人が教えてくれました
(主人はこよなく大分県を愛し、大分の歴史にも詳しい大分県人です)
県外の方が転勤で大分に行くように言われ「大分のような田舎には行きたくない」と
言って泣き(>_<)何年か大分に住み、帰省することになると
「大分のような住みやすいところを離れたくない」と言って泣くらしい。
ちなみに、東京には、大分の二度泣き経験者の集いもあるとか。
あなたは大分の良さをいくつ言えますか?

e0209208_2095975.jpg
大分県の風土と人が芸術家を刺激する
大分県にすばらしい有名人、偉人、奇人を輩出しています。
このことは、以前ブログにも載っていましたね。
その他に映画のロケ地に数多く使用されています。
監督たちは『どうしても、大分で撮りたかった』らしいです。
理由は雄大な山と豊かな海を持つ大分は、
テーマに反した夾雑物が少なく映画のロケ地の最適!!
でも、それ以上に深い人情と海山の幸が監督たちを魅了したのかもしれません(*^_^*)
「なごり雪」「22才の別れ」「男はつらいよ」2本「釣りバカ日誌19」
「風が強く吹いている」「恋空」「風のハルカ」「デトロイト・メタル・シティ」
「復讐するは我にあり」「乱」「悲しき天使」「国東物語」・・他にもあれば教えて!
あなたはいくつ知っていましたか?
私は近年2回も偶然にロケシーンに出会いました(でも、どちらもロケとは気付かずに・・
家に帰宅して娘に「駅の近辺が渋滞してたよ」(22才の別れ)
「今頃、駅伝なんてあったかな?」(風が強く吹いている)こんな自分にガックリ(――〆)

私はこのブログを作りながら改めて、「大分はすごい!」と感激。
本当に緑は多いし、山も海も近い、その上食べ物は美味しいとなると・・「やっぱ大分は最高やね」(*^_^*)
もっと大分の良さを全国に発信するためにしらしんけん頑張らんといけんわ!
みなさん、よろしくお願いします(^_-)-☆

追伸
手話で忙しい私に代わり、夫は台所で日夜料理づくりで協力してくれています。
私のおかげで夫も料理がうまくなり、逆に感謝されています?
夫が作ってくれた料理です。
e0209208_20105316.jpg
イチゴタルト

総合運営部 カイマサ
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-19 20:11 | 秘密でない県民シリーズ

一村一品運動

一村一品運動(いっそんいっぴんうんどう)は、1980年から大分県の全市町村で始められた地域振興運動。1979年に当時の大分県知事である平松守彦氏により提唱され、各市町村がそれぞれひとつの特産品を育てることにより、地域の活性化を図った。

運動の原点となったのが旧・大山町(現・日田市大山町)が1961年から行っていたNPC運動(New Plum and Chestnut運動) である。稲作に適しない山間地帯であることを逆に生かし、「梅栗植えてハワイに行こう」というキャッチフレーズの下、収益率が高く農作業が比較的楽な農作物を生産、果物を出荷するほか、付加価値が高い梅干しなどに加工して出荷を行う運動であり、これが成功したことを平松知事が着眼し、大分全体に広がる形になっている。

「ローカルにしてグローバル」という標語のもと、全国、世界に通じるものをつくるという目標を掲げ、自主的な取り組みを尊重し、行政は技術支援やマーケティング等の側面支援に徹することにより、自主的に特産品を育てることができる人や地域を育てる「人づくり」「地域づくり」を行った。また、付加価値の高い特産品を生産することによって農林水産業の収益構造の改善に貢献した。

一村一品運動は、大分県内に、シイタケ、カボス、ハウスミカン、豊後牛、関あじ、関さば、大分麦焼酎など全国に通用するブランドを生み出した。現在では、特産品の品目は336にのぼり(うち、年間販売額が1億円以上の産品131品目)で、生産額は総額で1,400億円に達している。

この運動は、日本国内の他の地域やタイ、ベトナム、カンボジア等の海外にも広がりを見せている。政府も途上国協力の方策として、途上国における一村一品運動を支援している。特にタイでは、タクシン・チナワットが首相のときに一村一製品運動として政策を行なった。その他、大分県に近い熊本県の小国町・南小国町などでも、独自にこれに近い運動を行って成功している。
e0209208_19274168.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-19 08:44 | 秘密でない県民シリーズ