2011年 03月 15日 ( 1 )

大分空港

大分県北東部の国東半島の沿岸の海域を埋め立てて造成した空港である。2009年10月までは大分市との間にホバークラフトが就航しており、空港ビルに隣接して乗り場があった。

大分県では、高速道路や新幹線などの高速交通網の整備が遅れていたが、1979年に当時の平松守彦県知事が、小型軽量で航空貨物による輸送が可能な製品を製造する先端技術産業の立地を空港を核に進める臨空工業地帯構想を打ち出し、現在では大分空港近辺には大分キヤノン国東事業所、大分キヤノンマテリアル杵築事業所、日本テキサス・インスツルメンツ日出工場等の先端技術産業の立地が進んでいる。
e0209208_16582931.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-03-15 08:01 | 大会の案内