2011年 02月 17日 ( 1 )

大分の名所シリーズ 別府市竹細工伝統産業会館

別府市竹細工伝統産業会館

大分県で唯一、経済産業省から伝統的工芸品に指定されている“別府市竹細工”。
その歴史や技法の解説と、緻密で優雅な個性をもつ作品を多数展示している施設です。

室町時代に行商用のかご生産と共に市場が整備され、江戸時代に入ると、湯治客が使用する台所用品が盛んに生産されるようになりました。これは土産品としても好評で、市場は次第に拡大し、地場産業として定着していきました。

また、近年は、花器やオブジェなど美術工芸品としてそのデザイン性が高く評価されており、海外にもマーケットが広がっています。施設内では、竹鈴、コースター、花かごの制作ができる体験学習も行っています。

〇営業(利用可能)時間 8:30〜17:00
〇定休日 月曜(祝日の場合翌日)・年末年始(12月29日〜1月3日)
〇利用料金 大人(高校生以上) 300円
 中学生 100円
 小学生 100円
〇アクセス情報 JR日豊本線別府駅から亀の井バス(鶴見病院経由鉄輪線)で約15分
〇問合わせ先 別府市竹細工伝統産業会館
TEL:0977-23-1072
〇住所 〒 874-0836
大分県別府市東荘園町8-3
e0209208_1016942.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-02-17 06:50 | 大分の名所シリーズ