2011年 01月 21日 ( 1 )

大分の名所シリーズ 青の洞門

菊池寛の「恩讐の彼方に」で有名※別府からは1時間半程度の場所です
中津市山国川本流に沿う樋田とのあいだは、競秀峰(きょうしゅうほう)の断崖がつらなり、鎖渡の難所といわれていた。

享保のころ当地へきた僧禅海が、この危険な棧道を見て衝撃をうけ、仏者として大誓願をおこし洞門開削工事に取り掛かり、寛延3年(1750年)を中心に約30年の歳月をかけて完成したもので、削道の長さは約344m、うち隧道部分の延長が約144mである。

但し、現在の洞門は、当時からは大きく変化しており、明治40年には、ほぼ現在の洞門に近い形状で大改修が行われた。旧道は、明り採り窓や、洞門の一部を残すのみであるが当時のノミの跡が残っている。
e0209208_11412384.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-21 01:09 | 大分の名所シリーズ