設立当時の全通研大分支部の活動④

現在は大分県障tがい者スポーツ大会の通訳配置は県聴覚障害者協会が調整しています。
当初は県手連が担当していました。

しかし、県ろう協・県手連・全通研の3団体で協議して「手話通訳配置等に関することは全通研が担当する」ということが決まりました。
全通研支部が設立されたことにより、県手連と全通研支部の違いは何か、役割はどうするのかについて論議されていた時期であり、少しずつ整理を開始した時期でした。
e0209208_1237263.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-21 08:22 | 全通研大分集会シリーズ
<< 第11回長野県大会 1981年 大分集会 決起集会! >>