第40回宮城県大会 2007年

2007年は宮城県での開催となり集会メインテーマは
          「今 ここに結集した力 ひびけ 日本の隅々へ」

 障害者権利条約の採択や世界手話通訳者協会の結成を機に、手話で生きる権利の大切さを確認した集会となった。

国連総会で「障害者権利条約」を採択   〜「手話=言語」〜
「手話は言語である」と定義した「障害者権利条約」が12月13日の国連総会において全会一致で採択されました。
手話が言語として国際的に認知されたのです。
(2006年12月13日)
 
【2007年の大分県】
★ 大分市盲ろう者向け通訳・介助員養成講座開始(県協会受託)【受講者21名】
★ コミュニケーション支援事業 手話通訳派遣 16/18市町村
                    要約筆記派遣  7/18市町村
★ 国東市手話サークル「菜の花」発足 
★ 聴覚障害者パソコンインストラクター養成講座 【受講生6名】
県障害福祉課がNPO法人障害者UP大分プロジェクトに委託実施
★ 大分県の特別支援教育の方向(素案)に関して大分県特別支援教育推進検討委員会へ協会から要望書提出、意見交換
               【仙台城】  
e0209208_1039144.jpg
  
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-11 08:05 | 今までの全通研大会
<< 大会参加者7月11日現在 速報号外 >>