第28回 香川県大会 1995年

 1995年に四国ブロック全体で取り組んだ集会であり、阪神・淡路大震災が起きた年であり、阪神・淡路大震災における取組みを報告、今後の災害時の対応について提言された集会でした。
 1且17日午前5時46分に阪神・淡路大震災が発生しました。全にほんろうあ連盟は直ちに全国救援対策本部を設置。救援事務については全国手話通訳問題研究会本部を手話通訳者派遣を手話通訳者の派遣を担当する手話通訳支援対策室として対応してきました。
 支援のために現地入りした手話通訳者はのべ1217人でした。
 
 集会参加者は約1500人
 衆議院比例区の政見放送に手話通訳が導入されました。これは選挙管理委員会が手話通訳を付けるのではなく、政党側の自主的判断でした。

【1995年の大分県】
★手話サークル「おがた」設立 (緒方町)
★阪神淡路大震災被災地に手話通訳士派遣。
★手話講習会講師研修会開催
★聴覚障害者情報提供施設建設に関する陳情書を県知事に提出
★県聴覚障害者協会杵築支部設立
★第15回全国ろうあ者演劇祭典にろう者劇団「ピエロ」出演
★第22回大分県手話研修会開催 240名の参加者
                    【高松城】 
e0209208_9535083.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-07-07 10:07 | 全通研大分集会シリーズ
<< 参加者拡大 参加者増加! >>