第11回長野県大会 1981年

集会メインテーマは
       深めよう 権利としての手話通訳を!
       強めよう 手話通訳の組織化を!!
       広めよう 地域に 手話を!
       進めよう 聴覚障害者の全面参加と平等を!!

 この年は国際障害者年の開始年でした。
 長野の道路の横の畑にリンゴがなっているのを見て感動したのを覚えています。

 行政主催の様々なイベントに手話通訳が付けられるようになったり、大分県の広報番組でも
年間30本近く手話通訳が付けられて放映されるようになりました。

 手話講習会を開催する市町村も徐々に増え、手話を学ぶ健聴者も各地に増えてきた頃です。

【1981年の大分県】
★中津市・杵築市手話講習会開催
★新年文化講演会・祝賀会に全通研の運営委員長の伊東雋佑氏を講師として招いた。
★県ろうあ協会宇佐、日田・玖珠支部設立 。
★県障害福祉課に手話通訳者設置。聴覚障害者に関わる諸問題を行政に反映できるきつかけとなる。
★県協会内にろう者劇団「ピエロ」結成され、その後全国的にも知名度のある劇団となる。
★第2回大分県手話通訳認定試験実施 〔13名受験 6名合格〕
★竹田市・宇佐市・日出町・佐賀関町で手話講習会が開催される。県内各地に講習会が広がってきた。
                   【松本城】  
e0209208_17472619.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-06-21 19:03 | 全通研大分集会シリーズ
<< 設立当時の全通研大分支部⑤ 設立当時の全通研大分支部の活動④ >>