別府温泉

「別府温泉の概要」
 阿蘇の火山がもたらした日本一の温泉郷、日本一の規模を誇る別府温泉郷。
別府、鉄輪(かんなわ)、明礬(みょうばん)、観海寺(かんかいじ)、亀川(かめがわ)、柴石(しばせき)、
堀田(ほった)、浜脇(はまわき)温泉を「別府八湯」と呼ぶ。
e0209208_21103165.jpg

日本一の湧出量は1日約13万キロリットル。源泉数は約2900孔。
町のあちこちから湯煙が立ち上る。共同浴場約170軒、宿は約1000軒。さらに、存在する
11の泉質のうち放射能泉を除く10種類が湧く。もちろん、ほとんどの宿が源泉かけ流し。
阿蘇から島原へ続く火山活動によって生じた断層が、別府に豊富な温泉をもたらしたとか。
その象徴が「別府地獄めぐり」。赤い「血の池地獄」や青い「海地獄」など、1000年以上
も前から噴出しているという9つの“地獄”がある。
別府の町を歩けば、自然の力に圧倒される思いがしますよ 018.gif 別府に来てね!029.gif
e0209208_2113169.jpg

詳しくはこちら→ 別府温泉
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-26 07:01 | 湯ったり温泉シリーズ
<< 広報3号 講座会場 >>