あけぼの学園

ろう者と話をしていて必ずと言っていいほど登場するのが
ろうあ児施設の”あけぼの学園”
戦後の物のない時代に、豚を育てて売ったお金でテレビを買ったとか、
先輩からお菓子をとられたとか、
あけぼの学園での生活は、良い思い出、つらい思い出がつまった
特別な場所のようです。

昭和25年10月に児童福祉法によるろうあ児施設として認可。
このときは、”あけぼの寮”と言ってました。
昭和30年には、定員230名になり、
昭和44年に”あけぼの学園”に。
平成6年上野丘から東大道の聾学校の近接地へ移転。
盲児施設、清明学園と合築、定員20名に…ろう学校の児童生徒が減ってきた影響です。
平成11年、知的障がい児者施設、うえの園を本体施設とし
あけぼの学園は併設となる。現在は定員10名。
幼児から18歳までが入所できる。
e0209208_024978.jpg

 ↑ 上野丘に残る、旧あけぼの学園跡
e0209208_044689.jpg
e0209208_053477.jpg

 ↑ 現在のあけぼの学園
[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-04 00:12 | ワンポイント学習シリーズ
<< 大分トリニータ つくみイルカ島 >>