観光案内のタッチパネル設置

タッチパネル観光案内  

 NPO法人「別府宵酔女まつり」(佐藤こずえ理事長)がJR別府駅コンコースと地獄蒸し工房・鉄輪に設置した観光案内電子看板「べっぷ八湯の絆ポータルサイト」が28日、スタートしました。別府駅でご利用できます。

 メンバー30人が仕事の合間に別府のレジャー施設、ホテル旅館、居酒屋、バー計505件のデータを集め、サイトに地図、住所、電話番号、営業時間、定休日、お勧めメニューを掲載している。

 電子看板はたて2㍍、横1㍍。46インチ(たて1㍍、横57㌢)の画面をタッチパネル方式で操作し、日本語、英語、韓国語、中国語の4カ国語に対応でき、エリア別、目的別で検索できる。

 電子看板は使用は午前9時から午後5時まで。パソコン、携帯電話からは24時間アクセスできる。
e0209208_7195651.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-05-28 11:28 | 大分の名所シリーズ
<< 街角紹介  ~今市 石畳~ 広報3号 >>