大分県と留学生

 人数的には教育機関の多い東京に4万人と全体12万3,829人の34.2%と3分の1が集中している。東京に続いて大阪の1万人、福岡の6千人となっている。

 人口比では、やはり東京が人口1万人当たり34.0人と最も高いが、第2位には大分の32.6%がつけているのが目立っている。3位以下は、京都、福岡、石川、大阪と続いている。

 大分県別府には2007年4月現在、78カ国・地域から約2,300名の国際学生(留学生)と、約3,000名の国内学生が学ぶ「立命館アジア太平洋大学」(APU)が開校しており、英語と日本語の両言語を授業言語とし、教員も約半数が外国籍という特色ある教育を行っている(2000年4月大分県、別府市、学校法人立命館の三者の公私協力によって開学)。この学校の存在が大分の人口当たりの留学生数を全国第2位に押し上げていると考えられる。
e0209208_5582155.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-20 05:58 | その他
<< 子ども企画のご案内 企画部会議を開きました。 >>