第4講座

4講座「健 康」
 ・手話通訳者の労働と健康管理についてさまざまな角度から学び、今後の課題について仲間と共に考える

1「対人労働にたずさわる人の仕事と健康」
 近藤 雄二 氏(天理大学教授)
対人労働の疲労は、ストレスと緊張が伴い、深刻な健康問題に結びつきます。豊富な疲労研究をもとに、手話通訳の仕事をつづけるための健康対策、疲労をキーワードに学びます。

2「暮らしの中の運動と食事」
 松元 義人 氏(大分県地域成人病検診センター 健康運動指導士)
運動を指導する人が、実技を学ぶだけでなく公衆衛生や栄養学、医学的知識などを学べば“鬼に金棒”というのが松元氏の持論。身体活動(運動)と食事の両面から健康づくりの必要性について、皆さんと一緒に考えたいと思います。

3「イキイキ元気に生きるために~脳からのラブコール~」
 竹内 小代美 氏(心療内科・精神科医)
人は心と体を脳で繋がれて環境に適応しようとしながら生きています。心身の不健康は、「生き方を変えよ」「環境を変えよ」との脳からのラブコールです。社会学・教師・医師・NPO法人などの多様な体験を基に語っていただきます。

4「手話通訳者の労働と健康についての実態調査」
 手話通訳者の労働と健康についての実態調査委員会
(一般社団法人全国手話通訳問題研究会)
手話通訳者が健康を維持しながら、労働をするには?実態調査から見えてきたものとは何か。現状、課題について仲間と共に考えます。
e0209208_2034203.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-04-11 10:45 | 講座案内
<< 街角紹介 第3講座 >>