大分の名所シリーズ

国宝 臼杵石仏   

臼杵石仏(磨崖仏)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと言われています。
その規模と、数量において、また彫刻の質の高さにおいて、わが国を代表する石仏群であり、平成7年6月15日には磨崖仏では全国初、彫刻としても九州初の国宝に指定されました。

その数は、60余体にもおよび、このうち59体が国宝となりました。
石仏群は4群に分かれ、地名によって、ホキ石仏第1群(堂ヶ迫石仏)、同第2群、山王山石仏、古園石仏と名づけられました。
それぞれに、傑作秀作ぞろいであり、表情豊かな御仏の姿は、みる者の心にやすらぎをあたえてくれます。

研修会場の別府から1時間程度で行けます。
e0209208_19515056.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2011-01-28 00:05 | 大分の名所シリーズ
<< 大分県聴覚障害者センター ① 別府の街並みぶらり散歩 >>