大分の名所シリーズ かまど地獄

別府地獄めぐりのひとつかまど地獄は、泉温90度の温泉が噴気とともに湧出。古来より氏神の竈門八幡宮の大祭に、地獄の噴気で御供飯を炊いていたことがその名の由来。かまど地獄は1丁目~6丁目までさまざまな湯の池がある。

【かまど地獄の煙の実演】
タバコの煙の粒子を核として周りに水蒸気がくっつき目に見える状態に。
これは化学変化ではなく物理変化で、ちょうど雲のできる原理と同じようなものである。
下の水が高温であることが条件。

かまど地獄
e0209208_2133976.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2010-12-31 08:40 | 大分の名所シリーズ
<< 今年は頑張りましょう 大分の雑煮 >>