大分の名産シリーズ  ざびえる

ざびえる

フランシスコ・ザビエルは、天文20年(1551年)豊後の国を訪れ、大友宗麟の保護を受け、神の教えを広めるとともに、デウス堂・小学校・コレジオ・大病院などの施設も次々と作りましたので、当時の府内の町は大変賑わい、南蛮文化の花が咲き乱れておりました。

府内の町(現在の大分市)には、このザビエルの遺徳をしのぶキリシタン殉教公園やザビエル像など、数々の祈念碑もありますが、このザビエルの功績を讃えて、和洋折衷の菓子・南蛮菓ざびえるが誕生しました。バターの効いたヨーロッパ風の皮と、精選された純日本風の白あんに、ラム酒につけられたレーズンの香りが、遠い昔の府内の夢を誘ってくれます。
e0209208_23462847.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2010-11-25 00:07 | 大分の名産シリーズ
<< 全通研大分集会シリーズ  記念... ワンポイント学習シリーズ 手話... >>