湯ったり温泉シリーズ 由布院温泉

第1講座の研修予定地として挙げられている由布院町。
由布院の歴史ミニ講座。

由布院は、誰もが一度は行ってみたい所として思い浮かべる全国有数の観光地である。現在、人口約3万5,000人(2005年国勢調査)の町を訪れる観光客は年間約400万人であるという。ちなみに、由布院は「湯布院」とも書くが、地元の人々は「由布岳」にちなんだ「由布院」を使うことに誇りを持っているようだ。

由布院のまちづくりは、社会の波とさまざまな行政の規制との戦いである。それを乗り越えてくることができたのは、由布院に存在する豊かな自然と文化を守り、訪れる人々に共感と安らぎと新しい体験を提供することが重要だという意識が共有されることにより、それを守るための規範が根付き、活動に基づいた信頼とネットワークが培われてきたからであろう。

こうした眼に見えないソフトは、40年以上の時間をかけて培われたものである。由布院のまちづくりは、ソフトを育てるためには長期的な視点とビジョンが必要だということも、我々に教えているようだ。

e0209208_2161346.jpg

[PR]
by zentsuken2011oita | 2010-10-22 02:19 | 湯ったり温泉シリーズ
<< 全通研大分集会シリーズ 全国手話通訳問題研究集会のあゆみ >>